M&AとIT企業

 半年前の再来か!今TVではM&Aの専門かが引っ張りダコだ。半年前は、企業買収は『100%悪』みたいな雰囲気だったキャスター達が、フジ問題で免疫ができたのか今度は多少違うような気がする。それともホリエモン(ライブドア)と三木谷氏(楽天)の違いか?

さて、前回のフジでも今回のTBSでも「テレビ局が欲しけりゃ、人のを欲しがらず自分で始めればいいんだ」と言う人がいる。
 私が以前勤めていた会社に、現在では『上場企業の若きIT社長』がいた。彼曰く「この業界は2.3年位しか同じ事業をしてられない。次々新しい事業を考えないと生き残れない」ん~厳しい世界だ。更に私が感じるのは『IT企業の株主は、安定的な数%成長を望んでいるわけでなく、50%、100%と言う一般企業では有り得無いような成長を望んでいる』と言うことだ。なぜならPERは一般企業よりも何倍も高く、中には赤字会社でも高い株価を持つ会社が多くあるからだ。これは株主が将来の大幅な成長を望んでいる結果だろう。『テレビとインターネットの融合』と言う新しい事業を考え、自社で新たに立ち上げるなんてことしたていたら、いつになったら出来るのか分らない。市場を見れば資産価値よりも低い株価を付ける優良『放送会社』があるのだから買わない手はない。そこでお金は掛かるが『既存企業を買う』と言う選択支を選ぶのだ。『即効性と大きな成長を常に求められているTI企業の宿命』かもしれない。

ランキングに参加しています。
 よろしかったクリックお願いします。[:next:]人気blogランキングへ

 上場していると言うことは「我社のオーナーになって下さい」と言うことで、市場に出回っているのだ。八百屋のりんごと大差ない。そこで「私がなりましょう」と買う。これがなぜ批判の矛先としてホリエモン・村上氏・三木谷氏なのか理解できない。(特にホリエモンの時は酷かった) 嘗てホリエモンが言ったように「買われるのがいやなら上場しちゃダメなんです」。上場しておいて「買っては欲しいが、買い過ぎたり経営に口など出さないで」と言う企業側の方が虫が良すぎで問題なのではないのか?!? 

本家[株式公開入門Navi](サイト版)もどうぞよろしく

 「織田がこね、豊臣つきし天下餅、座して食らうは、徳川家康」これは戦国時代の覇者3人の立場と役割言い当てた歌です。
 現代の『放送局株』は
 「堀江がこね、三木谷つきしキャピタルゲイン餅、座して食らうは、村上ファンド」?[:拍手:]

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/525

コメントする

2011年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

最新トラックバック

関連サイト

株式公開入門Navi
株式公開を目指す企業のために準備作業を解説・最新情報を提供


株式上場実務Navi
株式上場を目指す企業のために最新情報や上場経験談等を提供


内部統制入門Navi
内部統制/J-SOX法の概要や構築方法の解説


株式公開入門Blog
上場準備作業実務経験談・ニュースや身近な出来事を題材に公開


株式公開おすすめアイテム
株式上場に関わる書籍やソフトの紹介


IPOコンサルタントサーチ
IPO支援機関サイトに特化した検索エンジン


株式公開入門Navi~更新履歴~
株式公開入門Naviの更新履歴を記録


Movable Type更新履歴
Movable Typeの更新履歴を記録(備忘記録)


株式公開What's New
各サイトの最新更新情報