2007年11月アーカイブ

 みなさん、表計算ソフトや文書作成ソフトは何をお使いでしょうか?おそらく多くの人が、マイクロソフトのエクセルやワードを使われているのではないでしょうか。もちろんこの私もその一人です。
 ただ、そんな状況になんとなく疑問を持ち、以前から噂では聞いていた、グーグルの無料ソフトを試してみる事にしました。(『無料』なんとも心地の良い響きです。)

【実例】
 取締役会招集通知雛型

【感想】
 流石に、機能ではだいぶ劣りますが、最小限の必要な機能は備えており、簡単なものを作成するなら問題なし。エクセルやワードに変換も簡単。 エクセルなどでは、ファイルを他のパソコンに移す時などに、バージョンを気にする必要があるが、これなら気にする必要は無い。


 ビジネスパソコンに、表計算ソフトや文章作成ソフトは欠かせませんが、決して安くはありません。パソコンの台数が多い企業では、悩ましいコストでもあります。


 しかし、グーグルは先日も携帯電話のOSソフトを無料で提供すると発表したり、このビジネスソフトやグーグルアースなど『無料提供』で、ネット市場を席巻してますね。「ただより恐いものはない」ともいいますが、でも「ただより有り難いものはない」

 

| コメント(0)

 先日、『株式公開入門Navi』がどのような検索キーワードから、閲覧者が来ていいるのかを調べていたら、『株式総会』というキーワードを発見しました。

 『株主総会』ではなく『株式総会』?!? 何だっけ?

 『株式総会』というキーワードをサイト内検索を行なったら、確かにあった。しかも沢山。
 『株主総会の運営』のメニュータイトルの多くがなぜか『株式総会〇〇』となっていました。何を血迷ったのでしょうか、恥ずかしい。かなり永い間『株式総会』でした。蓮

 でも、きっとまだまだこういう類の間違え一杯あるんだろうなー輦

 皆さん
 何か間違えにピント来たら、先ずメール
 下さい。秊

| コメント(0)

 2007年の税制改正のうち、企業会計で最低限押さえておきたいところをまとめてみました。(主に来年4月から適用分です)

税制改正2007
  L減価償却制度
  L中小企業税制
  L証券税制
  L三角合併
  L電子申告関連
  Lその他の税制改正

 このうち一番の注目は、何と言っても『減価償却制度』でしょう。どの会社でもほぼ出てくる項目ですし、いままでの償却方法と全く異なってきますので、抑えておかなければなりません。 (会計ソフト会社は、また特需ですね)

 改正内容は、残存価額の廃止と250%定率法になりますが、この残存価額って主要国のうち存在するのが、ほぼ日本だけのようですね。日本の会計しか知らない私にとって、残存価額の存在は当たり前でしたが、、、海外では非常識だったのですね。
 まさに、『日本の常識、世界の非常識』ってやつですね蓮

| コメント(0)

2011年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

関連サイト

株式公開入門Navi
株式公開を目指す企業のために準備作業を解説・最新情報を提供


株式上場実務Navi
株式上場を目指す企業のために最新情報や上場経験談等を提供


内部統制入門Navi
内部統制/J-SOX法の概要や構築方法の解説


株式公開入門Blog
上場準備作業実務経験談・ニュースや身近な出来事を題材に公開


株式公開おすすめアイテム
株式上場に関わる書籍やソフトの紹介


IPOコンサルタントサーチ
IPO支援機関サイトに特化した検索エンジン


株式公開入門Navi~更新履歴~
株式公開入門Naviの更新履歴を記録


Movable Type更新履歴
Movable Typeの更新履歴を記録(備忘記録)


株式公開What's New
各サイトの最新更新情報


最近のコメント