2005年10月アーカイブ

 『楽天』VS『TBS』の株式争奪戦が泥沼化しはじめましたが、この先どうなるのでしょうか?

 [SEO対策Links]と[IPO Web 検索エンジン]に

 【会計事務所アカウンタックス】さんを新たに追加しました。

 TV東京のWBSを見ていたら、香港では予備校の生徒集めとして美人・イケメン先生が人気で、宣伝も先生達の写真を使用し、まるでキャバクラかホストクラブのようだ。先生達も洋服に何万円も使い、またその一方で自身の知識・指導方法向上にも日々シッカリ取組み努力しているようだ。
 

 私は夜のニュース番組では、古舘伊知郎の『報道ステーション』・筑紫哲也『NEWS23』をよく見ていました。
 この2番組の特徴はニュースの伝え方として事実を伝えるだけでなく、同時に自分の考え・意見も付け加えるところです。
 

 お知らせです。[:聞き耳を立てる:]

 ただ今相互リンク募集中です。
 

 今、ヨン様が極秘来日しているらしい。(って既に極秘じゃないでしょ)
 さてさて、巷では『韓流・韓国ドラマ』と騒がれているが私の周りでは関心のある人が居らず、TVなどで騒ぐほど本当に流行なのかと疑心暗鬼だった。

 上場申請のための報告書(所謂『2の部』)の記載内容で、手間の掛かる項目の一つが『産能大式による業務フロー(フローチャート)図』※の作成です。普通、中小企業で業務フローを図式化することなど無いでしょうし、まして『産能大式』となるとほとんどの公開準備担当者は『初耳』で、知識も経験も無いことでしょう。(私もそうでした)

 今日小泉さんが靖国参拝を行った。マスコミで賛否両論様々評価されているが、私は国内的には問題はあるが対外的には参拝賛成だ。
 中国・韓国は靖国・教科書が解決すれば後の問題は解決すると言うが、『自政府維持の為反日教育を行う・反日を叫べば大統領の支持率が上がる』国でこれだけが問題であるはずもないし、靖国はまだしも教科書問題が解決するなど有り得ないことだ。

 半年前の再来か!今TVではM&Aの専門かが引っ張りダコだ。半年前は、企業買収は『100%悪』みたいな雰囲気だったキャスター達が、フジ問題で免疫ができたのか今度は多少違うような気がする。それともホリエモン(ライブドア)と三木谷氏(楽天)の違いか?

 今日郵政法案が可決した。前回反対した議員もほとんど賛成に回り、あの『自身の信念無き反対票』で何百億円という選挙費が投入された事をどう考えるか聞いてみたい。特に中曽根氏は私情(親父が議員辞めさせられた)が原因の反対だったのだから。

 秋の夜長、私は本業はそこそこにSEO対策方法を必死にお勉強中ですが、皆さんはいかがお過ごしですか。
 勉強の成果があって今日一つ『IPO Web 検索エンジン』※が進歩を致しました。
 ※私が先日立ち上げたIPO専門検索エンジンです。

 牛肉の輸入が今年中に再開されるらしい。果たして本当に安全が確認されたのか、それともアメリカのプレッシャーに負けたのか?
 

 前にYahooの検索結果表示の変更の煽りを受け、アクセス数が減ってしまったと書きましたが、ついに昨日などは1/30程になってしまいました。
 最初はショックでしたが、もうココまで来ると「必ず復活するぞ!いや以前の10、20倍伸ばす!」と燃えています。[:グッド:](熱し易く冷めやすい私だけど)
 

 今日は、流行にのって『村上ファンド』こと『村上世彰氏』について語ってみます。
 私がこの名前を始めて耳にしたのは、数年前村上氏が『東京スタイル』の株主となり『もの言う株主』として騒がれたときだ。当時私は、ある会社の公開担当として公開準備に追われ、机の下の床を寝床としていました。

 私は月に1回程度、近所の図書館に行っていますが、『株式公開入門Navi』(Web版)を開設してからは、ホームページ関連や掲載ネタになるような本ばかり探しています。
 先日、株式・経営・会計関係ばかり見ているので、見るものもだんだん無くなってきたので、ちょっと横の棚を見たところ『図解のルールブック』という本が目に留まり、見てみると"箇条書・表・グラフ"等の書き方などが説明されいて「これは公開申請書類の?の部・?の部・事業計画書など作成する時に使える!」

 いつか書くのに困ったらこのネタにしようと思っていたネタが、『株式公開入門Navi』サイトの作成・運営に関するお話なのだったんですが、昨日このサイトに関して重大事件が起きたのでそのお話を。

 証券取引法は上場会社の発行済み株式の5%超を取得した株主に対し、その理由など記載した大量保有報告書の提出を義務付けています。該当株主は、取得してから原則5営業日以内に各地の財務局にネットか書面で届けなければなりません。残念ながら私はまだこの『大量保有報告書』を提出した経験がありません。[:悲しい:] でもいつかはきっと・・・・・。

 そんな「いつかは大量保有」を目指す?私が、先日 日経新聞でこの『大量保有報告書』に関する記事に目が留まりました。

 いくら利益が出ても、いくら社内体制が整っていてもIPOできない業種があります。以前は、消費者金融・エステ・パチンコ等と言われていましたが、現在では消費者金融・エステは可能となり公開企業となる企業も有りますが、パチンコは許されていません。

| コメント(0)

2011年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

関連サイト

株式公開入門Navi
株式公開を目指す企業のために準備作業を解説・最新情報を提供


株式上場実務Navi
株式上場を目指す企業のために最新情報や上場経験談等を提供


内部統制入門Navi
内部統制/J-SOX法の概要や構築方法の解説


株式公開入門Blog
上場準備作業実務経験談・ニュースや身近な出来事を題材に公開


株式公開おすすめアイテム
株式上場に関わる書籍やソフトの紹介


IPOコンサルタントサーチ
IPO支援機関サイトに特化した検索エンジン


株式公開入門Navi~更新履歴~
株式公開入門Naviの更新履歴を記録


Movable Type更新履歴
Movable Typeの更新履歴を記録(備忘記録)


株式公開What's New
各サイトの最新更新情報


最近のコメント