2007年10月アーカイブ

 先日TVを見ていたら、N建設会社株の株価を不正につり上げたとして、証券取引法違反容疑で『最後の大物仕手筋』という人物が捕まったというニュースがあった。
 これを解説者がどういう手口で行ったかを説明していた。

 業績が落ち込み株価が低迷している会社に、増資等を持ちかけ第三者割当て等でそこの株主となる。その後、その会社で新しい技術等が開発されたと、嘘の情報を発表し、株価を吊り上げ利益を得るという手口。

 私は、これを聞いてビックリした。
 数年前ある会社を辞めようとした時、知り合いの人から『うちの会社も上場目指しているんだが来てくれないか』と言われた。その人は、IT関連の取締役であり、その会社はある上場企業の子会社だった。そして、そのIT会社はある技術を開発し、それを軌道に乗せている最中であると。

 もともと、他の会社に行く予定があったので断ったが、話を聞いて『この会社上場できそうだな。ん~ もったいないことをしたかも』と。というのは、その技術の詳細はよく分からないが、その技術を使って行うことが、話のうえでは、とても魅力的な事業だったからです。

 その人とは、その後半年程連絡を取り合ったが、そのうちメールを送っても返事が来なくなった。そして、その会社のHPを見ると、TVでその技術内容が取り上げられたことに対する抗議文が載っていた。「先日『この技術は嘘っぱちで、これを利用して親会社の株価の吊り上げを目的としている』とTVで放送されたが、我々の技術は本物だ」という内容だった。
 以前、ITに詳しい人に『こんな技術を開発している会社がある』と、言ったところ『そんなことできるわけがない』と言われたことを思い出し、『あの技術って嘘?本物?』と疑問を持ち始めた。令

 そして暫くすると、そこの代表取締役が逮捕されたというニュースが流れ、その会社はまさに親会社の株価を吊り上げるために作られた、嘘っぱちの技術を利用した会社ということだった。(結構、大きなニュースとなっていた。更に、この代表取締役の上にこ話を作り上げた人物がおり、その人も捕まったらしい。)

 これを知り、いやー あの時の話引き受けていたらどうなっていたのだろう。金を扱うことになるのだろうから、もしかしたら犯罪に手を染めていたのかも、、、なんて思いました。聯世の中危険な話がいっぱいだーーーー。 上場会社を利用したこのような詐欺が、あるとは全く知らず、L&G(円天商法)なんて、あんな見るかに怪しい話になんで引っかかるんだと思うが、自分も紙一重かも。

 この話が、N建設の手口と全く同じだったのです。蓮
 しかし今でも私の知り合いの人は、その技術が嘘だとは知らなかったのではないかと思っていますし、またそう信じたい。私を騙すつもりではなかったと。


 皆さん、私だけは詐欺商法には引っかからないぞ! なんて思っていても、既に貴方の身近なところに罠はあるかもしれませんぞ!!!! お気をつけ下さい。秊

| コメント(0)

 最近M&Aに関する書籍を何冊か読んでいるのですが、その中で印象に残っている書籍を紹介します。

『検証 日本の敵対的買収』という書籍になります。ある程度M&Aや敵対的買収の基礎知識がないと難しい内容かもしれませんが、近年行われた敵対的TOBや買収防衛策の本質などが書かれています。

 敵対的買収というと、先ずライブドアによるニッポン放送の買収を思い出します。何度かこのブログでも取り上げましたが、あの時は敵対的買収や防衛策の本質より先に、『お金があれば何でも買えるのか』『法律を守ればなんでもやっていいのか』などの、感情論が繰り返されてしまい、『敵対的買収』=『悪』という印象を日本中に植えつけてしまったように思います。

 あれから数年、三角合併の解禁・激しさを増す国際競争などを要因に生き残りを賭け、敵対的TOBの事例がいくつか発生し、上場企業は次々と買収防衛策を採用するようになりました。
 ただし、まだ敵対的買収はステークホルダーにとって『悪』であり、防衛策は『悪を退治する手段』とい印象が強いように思われます。

 しかしこの書籍を読むと、『敵対的買収や防衛策』に対するイメージも少し変わるかもしれません。

| コメント(0)

 新規上場銘柄は、今年はボロボロ状態で、先月は遂に6銘柄連続公募割れとなり、今年に入りかなりの割合で公募割れ銘柄が発生している。
 ライブドア事件依頼、新興市場は低迷が続き、マザーズ・ヘラクレスの下落率は7割を超えている。しかし、それでも去年まではIPO株はなんとか好調だったが、遂に、、、。

 そして、ライブドア事件以降、上場企業の『質』が問われているいるおりもおり、ジャスダック証券取引所の先端技術企業向け新市場『NEO(ネオ)』が、上場一号を承認した。国内新興市場は2000年依頼 7つ目の創設らしい。この中には上場企業がほとんどない市場もいくつかある。

 そんなに必要なのだろうか?
 他の新興市場と何がちがうのだろうか?
 と疑問なのだが、、、。


 遠からず、淘汰がありそうな予感がするのですが輦

| コメント(2)

2011年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

関連サイト

株式公開入門Navi
株式公開を目指す企業のために準備作業を解説・最新情報を提供


株式上場実務Navi
株式上場を目指す企業のために最新情報や上場経験談等を提供


内部統制入門Navi
内部統制/J-SOX法の概要や構築方法の解説


株式公開入門Blog
上場準備作業実務経験談・ニュースや身近な出来事を題材に公開


株式公開おすすめアイテム
株式上場に関わる書籍やソフトの紹介


IPOコンサルタントサーチ
IPO支援機関サイトに特化した検索エンジン


株式公開入門Navi~更新履歴~
株式公開入門Naviの更新履歴を記録


Movable Type更新履歴
Movable Typeの更新履歴を記録(備忘記録)


株式公開What's New
各サイトの最新更新情報


最近のコメント