過去の栄光を捨てる決断

 いよいよオリンピックが始まります。

経理・会計・税金に関する人気ブログはこちら

 岡崎・清水・原田に上村さん、3.4回出場している人が話題の中心で、更にTVでライバルと上げられるウォザースプーン(Sスケート)・アホネン(ジャンプ)も昔から聞く名前だ。実力ある若手は少ないのか?と思う一方で、世界レベルを10年以上も維持するのは、相当な努力が必要ではないかと感心する。

 先日新聞で、岡部選手(ジャンプ)の記事が載っていた。彼もオリンピックの常連だ。
 長野オリンピックのあと、ジャンプは大きなルール改正があり小柄な日本人は不利になり、圧倒的強さを誇った日本は以後世界の蚊帳の外だ。特に小柄な岡部選手はその影響が大きかった。その後数年不振続き、自分の着地する遥か彼方に着地する外国人選手を見て、このままではダメだと思い『今のやり方から決別』する決心をし、コーチのアドバイスから新しい飛び方に替え、今シーズンは表彰台にあがることもでき、オリンピックでメダルも届くところまでに蘇った。 

 人並み以上の努力で大きな成果をあげたあとに、数年後そのやり方がなかなか通用しなくなったとしても、過去の栄光・積み上げてきたものを全て捨てて、全く新しい方法に挑むと言うのは非常に難しい。オリンピック選手ともなればなお更だと思う。
 『人間は変化を嫌う』と言うが、数年世界レベルを維持する人は才能や努力だけでなく、『変化』への対応・柔軟さも必要なのかもしれない。


 余談ですが、昔読んだ本の抜粋です。(題名:なぜ V字で飛ぶか)

 ジャンプの歴史を変えた男、彼の名は”ヤン・ボークレブ(スウェーデン)”。彼の変則フォームでのジャンプを見て、全ての人が「あれじゃ、記録は望めない」・「これ以上彼が伸びる可能性はない」・「まるで”かえるつぶし”だ」と非難した。しかし、その”かえるつぶし”が数年後に”V字ジャンプ”として歴史を変えることになる。

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/567

コメント(2)

V字ジャンプ”に関するうんちくに応援クリックしておきました。

オリンピックでは、日本人選手の活躍に期待しています!

でも、仕事に、ブログの更新、オリンピックでは、しばらく寝られそうにありませんね…。

追加情報
 そもそも、V字ジャンプの始まりはヤン・ボークレブの足癖の悪さから始まったそうです。当時は、足を揃えることが良しとされ点数が伸びたが、それ以上にヤン・ボークレブが距離を伸ばしてしまうので、次第に皆V字になりその為点数の加点方法も変更されたそうです。

コメントする

2011年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

最新トラックバック

関連サイト

株式公開入門Navi
株式公開を目指す企業のために準備作業を解説・最新情報を提供


株式上場実務Navi
株式上場を目指す企業のために最新情報や上場経験談等を提供


内部統制入門Navi
内部統制/J-SOX法の概要や構築方法の解説


株式公開入門Blog
上場準備作業実務経験談・ニュースや身近な出来事を題材に公開


株式公開おすすめアイテム
株式上場に関わる書籍やソフトの紹介


IPOコンサルタントサーチ
IPO支援機関サイトに特化した検索エンジン


株式公開入門Navi~更新履歴~
株式公開入門Naviの更新履歴を記録


Movable Type更新履歴
Movable Typeの更新履歴を記録(備忘記録)


株式公開What's New
各サイトの最新更新情報


最近のコメント