業務フローと業務管理

 株式公開入門Naviのアクセス数の多いページを分析すると、『業務フローチャート・経営会議・コンプライアンス』です。。公開準備作業の主役とも言える『資本政策・会計制度』などは少ない。以外でしたが、自分が公開準備作業をしている時を考えると「なるほど!」とも思えます。

 資本政策や財務諸表作成は、法令による規定が多く覚えるのは難しいが、逆に法で縛られているから『正解がある』のでやり易いし、専門家も回答し易い。一方、業務フローや会議の進め方等は法令によって定められている訳でもなく、全くのフリーハンドで『正解がない』、会社によって十社十色だ。なので、専門かもアドバイスし難いとも言える。

 私が公開準備作業を始めてやった時も、業務フローチャート・経営会議で悩んだ。資本政策は専門家がやってくれたし、会計制度は監査法人に聞けば直ぐ解決した。なぜなら正解があるからだ。 しかし業務フローはアドバイスは貰えても『正解は教えてもらえないので(無い)』、自分で自社にとって一番良い方法を考え決めてゆかなければならないから悩む。

 今までに何通かの「業務フローが分らない」と言うメールを頂いた。
 業務フローが分らないと言う場合、2種類ある。
?産能大式フローチャートの作成方法が仕方がわからない。
?業務管理フローその物が分らない。

 ?は産能大式と言う決まり(正解)があるので、以前書いた業務フロー図『三種の神器』業務フローチャートを参考にしてもらえば、さほど難しいものでもない。

 ?は正解が無いので難しい面がある。他社の完成度の高い物を持ってきて、そのまま自社に取り込んでしまえば、現場は大混乱となる。今まで積み上げてきた、社員が慣れ親しんでいる方法を出来るだけ活かしながら(現場に負担を少なくする)、問題点だけを改善するのがベストだ。しかしこれは、会社の業務内容を全て把握していないと難しく、外部の人間が短時間で作成するのは難しい。様々な課題を把握している社内の人間が作成するのが望ましい。
 業務管理のポイントを大まかに理解し、既存のフローを出来るだけ活かす、自社にとってのベスト業務フローを考え作成し、その後専門家に修正点のアドバイスを貰う手順が良いと思います。


 私は、業務フロー考えるのが結構好きでした。なぜなら、自分がお偉いさんの権限を振り分け、会社業務の根幹である業務管理フローを決めてしまう。 う~ん 気分爽快[:楽しい:]


■更新情報
ベストな業務フローを考えるうえで必要になる、業務管理の続きで、在庫管理固定資産管理を追加しました。

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/590

コメントする

2011年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

最新トラックバック

関連サイト

株式公開入門Navi
株式公開を目指す企業のために準備作業を解説・最新情報を提供


株式上場実務Navi
株式上場を目指す企業のために最新情報や上場経験談等を提供


内部統制入門Navi
内部統制/J-SOX法の概要や構築方法の解説


株式公開入門Blog
上場準備作業実務経験談・ニュースや身近な出来事を題材に公開


株式公開おすすめアイテム
株式上場に関わる書籍やソフトの紹介


IPOコンサルタントサーチ
IPO支援機関サイトに特化した検索エンジン


株式公開入門Navi~更新履歴~
株式公開入門Naviの更新履歴を記録


Movable Type更新履歴
Movable Typeの更新履歴を記録(備忘記録)


株式公開What's New
各サイトの最新更新情報