いじめ問題

 昨日、いじめ問題をテーマにしていたテレビ番組を見ました。女性タレントが「私は小中学校の時○○菌」と言われていじめられてたと語った。

 私は、子供の頃周りでいじめを目にはしたが、私自身はいじめられもしないし、いじめもしなかった。と思っていたが、このタレント話を聞いて思い出した。私の子供の頃も「○○菌」と呼ばれていた女の子がいた。私は、なぜそうなったのは知らないが、体育の時間に、その子が触ったバレーボールを「そのボール3秒持つと ○○菌に感染するぞ!」と言われ、みんなと一緒になって、騒いだ覚えがある。

 ニュースのいじめや虐待でも、加害者や親は「ちょっとからかっただけ、プロレスごっこ、躾、教育」という。

 「私はいじめられていた」と言う話は聞くが、「私はいじめていた」とはあまり聞かない。本来、いじめは少数の人間に対し、多数の人間が行なうことであって、いじめられた人がいれば、その5倍、10倍はいるはずだ。

 「私はいじめていた」とは言い難いのもあるが、いじめている側は、あまり意識しないうちに、加害者になっている場合が多いのではないかと思う。

  以前、顧問先の300人位の会社で、管理職を集めた研修会を行なった。その時、1人の女性が「パワーハラスメント」を受けていると言い出し、一方その加害者と言われた男性が「パワハラの定義を履き違えてる」といい、熱を帯びた議論となった。(私は、頭ごなしにパワハラを否定する男性をみてて、まさにパワハラそのものに見えた。)
 相手が「パワーハラスメントだ!」感じていればそのなかもしれない。たしかに、過剰反応かもしれないが、ただ否定しするだけではなく相手の思いを聞き、誤解ならば話し合うのが解決策かもしれない。


 本当に人間は、自分自身のことは見えないものだと感じる、今日この頃です。

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/609

コメントする

2011年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

最新トラックバック

関連サイト

株式公開入門Navi
株式公開を目指す企業のために準備作業を解説・最新情報を提供


株式上場実務Navi
株式上場を目指す企業のために最新情報や上場経験談等を提供


内部統制入門Navi
内部統制/J-SOX法の概要や構築方法の解説


株式公開入門Blog
上場準備作業実務経験談・ニュースや身近な出来事を題材に公開


株式公開おすすめアイテム
株式上場に関わる書籍やソフトの紹介


IPOコンサルタントサーチ
IPO支援機関サイトに特化した検索エンジン


株式公開入門Navi~更新履歴~
株式公開入門Naviの更新履歴を記録


Movable Type更新履歴
Movable Typeの更新履歴を記録(備忘記録)


株式公開What's New
各サイトの最新更新情報