中小企業の『内部統制』必要性

 私は、2回の会計事務所勤務経験があります。

 最初の会計事務所勤務は、初めてだったの、ほぼ先輩や上司の言うとおり仕事をこなしていた。帳票書類を預かって、パソコンに打ち込む所謂『記帳代行』だ!原資書類が大事だと言われ、全領収書を確認しながら入力したが、とても時間がかかった。
 しかも、苦労して作った月次決算は、対して興味も持たれることもなかった。

 それから、公開準備会社をいくつか渡り歩き、再び会計事務所に入ったが、今度はやり方を変えた。公開準備会社での経理システム作りの経験を基に、経理フローや予実績管理に力を注いだ。原資帳票は、元帳を見て怪しいものや多額のものだけチェックした。

 すると、何件の社長さんから「前の人は全部領収書見たけど、大丈夫? 不正とかないかな?」と言われた。初めて気付いたが、社長さんは、経理担当の不正監視役として、税理士事務所をみているのだと。

 税理士事務所が、不正を見抜くのは到底ムリである。税務処理や残高があっているかなどで、多くの時間がさかれ、不正など見抜く余裕などない。またあっても不可能だ。なぜなら、経費の正当性も判断できないし、偽造領収書かなんて、よっぽど時間を割かなければできない。

 税理士事務所では、合っている(現金や通帳残と)は確認できても、その取引が正当なものか(正しいか)はわからない。まして不正など、現金が盗まれている状態でもなければわからない。

 不正を見抜いたり、取引の正当性を確保するには、企業の内部統制を、確立していかなければなかなか難しい。社内の者同士で牽制させないで、全権を持つ経理担当の不正などあばけるはずもない。
 
 内部統制は、中小会社や未上場会社には求められいないが、中小企業にも必要なものであるのは間違いない。

| コメント(0)

カテゴリ:

コメントする

2011年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

最新トラックバック

関連サイト

株式公開入門Navi
株式公開を目指す企業のために準備作業を解説・最新情報を提供


株式上場実務Navi
株式上場を目指す企業のために最新情報や上場経験談等を提供


内部統制入門Navi
内部統制/J-SOX法の概要や構築方法の解説


株式公開入門Blog
上場準備作業実務経験談・ニュースや身近な出来事を題材に公開


株式公開おすすめアイテム
株式上場に関わる書籍やソフトの紹介


IPOコンサルタントサーチ
IPO支援機関サイトに特化した検索エンジン


株式公開入門Navi~更新履歴~
株式公開入門Naviの更新履歴を記録


Movable Type更新履歴
Movable Typeの更新履歴を記録(備忘記録)


株式公開What's New
各サイトの最新更新情報