ホリエモンに実刑!

 遂に、ホリエモンに判決が下り『実刑』となりました。

 「実刑は無い」という見方が多い中、2年6月の実刑判決という結果に、私は、多くの人に多大なる損失を与えた割には軽く、他社の事例に比しては重いと感じました。

 世間一般に言われるように、西武・カネボウ更には日興に比べバランスが取れないと思う。ライブドアが他社と違うのは、ホリエモン自らが自社株売却で利益を得ているからというが、粉飾決算は結局『保身』で、過去の経営判断の誤りを繕う、株価維持、株主からの追及逃れ・銀行からの融資など、粉飾決算をすることで、その地位を確保し高給を得て、問題は次の社長になすりつけ、退職後は高額な退職金をもらい悠々自適暮らし。まるで、どこかの地方知事か官僚のように。
ましてや、日興証券は上場企業の決算を指導すべき立場にあり、生徒が不正を犯すより先生が不正を犯すほうが重罪では?

 東証にしても、日興には「(組織ぐるみを)疑わしきは罰せず」といいながら、無罪を主張するホリエモンを無視して、早々にライブドアは上場廃止。

 マスコミにしても、ホリエモンは叩かれるだけ叩かれたが、日興やカネボウの社長など、どんな顔しているのか全く知らない。(ホリエモンは自らTVに出ている面もあるが)


 多くの人に多大なる損失を与えたという点で、2年半の実刑など軽いと思うが(自分は多額の財産を有し)、他社の判例と比べるとなぜこんなにも違うのかと思う判決だった。

| コメント(0)

カテゴリ:

コメントする

2011年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

最新トラックバック

関連サイト

株式公開入門Navi
株式公開を目指す企業のために準備作業を解説・最新情報を提供


株式上場実務Navi
株式上場を目指す企業のために最新情報や上場経験談等を提供


内部統制入門Navi
内部統制/J-SOX法の概要や構築方法の解説


株式公開入門Blog
上場準備作業実務経験談・ニュースや身近な出来事を題材に公開


株式公開おすすめアイテム
株式上場に関わる書籍やソフトの紹介


IPOコンサルタントサーチ
IPO支援機関サイトに特化した検索エンジン


株式公開入門Navi~更新履歴~
株式公開入門Naviの更新履歴を記録


Movable Type更新履歴
Movable Typeの更新履歴を記録(備忘記録)


株式公開What's New
各サイトの最新更新情報