株式公開と処世術

さて、久しぶりの更新を!

 先日あるTVで、元新聞記者で現在は解説者としてTVによく出ている方がこんなことを言っていました。

 私が新聞記者を止めたきっかけは、海外のある大事件の取材で情報を得るために、情報提供者との仲立ちをしてくれる人物に、日々お金を渡していた。そして1年近くの取材が終わり日本に帰国し、仲介者へ渡した膨大なお金の精算をしようと経理に行ったならば、「領収書も無く、誰に渡したか言えないようなお金は精算できません」と言われた。私は「ふざけるな!」という思いだった。取材元など言えるはずがないのは当然で、領収書などあろうはずがない。私はこの件をきっかけに新聞社を辞めた、、、、。

 というようなあらすじだったが、気持ちは分からないでもないが、経理としては当然で領収書も無く誰に渡したかも言えない経費を精算するわけもいかない。これを精算して税務調査で否認されては経理の責任になる。これは経理で判断できる事案ではなく上司や社長に直接交渉してもらうしかない!

 かつて勤めていた派遣会社でもこんな事があった。ある現場部署の社員がほとんど3ヶ月程度で次々と辞めてしまい、そこの課長が「良い人材なんていらない!どうせやめるんだからなんでもいいから募集に来たヤツはこっちに廻してくれ 人手が足りんのだ!」と人事部に掴みかからんばかりに言っていた。しかし、そんな事して新入社員が不祥事でも起こしたら「人事は何をしているんだ」と責任を問われるだろう。それを望むなら、先ずその課長が全責任を負うこと上司等に進言しなければ人事たまらない。

 
 まー 些細な事で言えばこのような事、会社では日常茶飯事に起きている。他部門とのコミュニケーション不足からの不理解が原因なのでしょう。特に現場と管理との間では起き易く、いったん揉めるとややこしくなってしまう。

 私の経験から言うと、経理だとお金を握っているのはこちらなので秊相手も遠慮がちになるが、公開準備作業の担当をしている場合は、こちらが現場にお願いすることが多いので、低姿勢で接することを心掛けた。蓮

 やっぱり人生、処世術が大事ですね! なんのこっちゃ!

| コメント(0)

カテゴリ:

コメントする

2011年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

最新トラックバック

関連サイト

株式公開入門Navi
株式公開を目指す企業のために準備作業を解説・最新情報を提供


株式上場実務Navi
株式上場を目指す企業のために最新情報や上場経験談等を提供


内部統制入門Navi
内部統制/J-SOX法の概要や構築方法の解説


株式公開入門Blog
上場準備作業実務経験談・ニュースや身近な出来事を題材に公開


株式公開おすすめアイテム
株式上場に関わる書籍やソフトの紹介


IPOコンサルタントサーチ
IPO支援機関サイトに特化した検索エンジン


株式公開入門Navi~更新履歴~
株式公開入門Naviの更新履歴を記録


Movable Type更新履歴
Movable Typeの更新履歴を記録(備忘記録)


株式公開What's New
各サイトの最新更新情報