株式上場準備室(チーム)の人数は?

2007年月4日~2007年8月31日に実施したアンケート

株式上場準備室(チーム)の人数は?

株式上場準備室(チーム)の人数は?

結果

総得票数24票
1位 3人
2位 1人
3位 2人

 全体的に票数が少なかったのですが、『3人』が10票を集め、ダントツの1位でした。
 『1人』も多くありましたが、全てを一人で行ったのでしょうか?私も、当初は一人でⅡの部などを作成していましたが、公開が迫るに従って人数を増やケースもありましたが、全部を一人は厳しそうですが、、、。

 今回の質問は、兼任者を入れるのか?当初の人数か?最終的な人数か?回答者は上場達成者か?などの回答者の状況等で異なってしまうものだったのかもしれません。
 また、近年は『内部統制』の構築も加わり、状況も大きく変わって来ると思います。

  まー目安として参考にして頂ければ秊


さて、次のアンケート内容は
当初予定した上場準備期間は?
になります。

貴方の清き一票お待ちしております。

また、アンケートして欲しいネタ等ありましたらコメント下さい。

| コメント(2)

カテゴリ:

コメント(2)

お邪魔します。
私の感想ですが、IPO準備メンバーは専任で3人はほしいと思っています。
全体統括者+経理財務担当+総務法務担当。
でも、ITベンチャーなんかはこの3人が兼務者だったりしますけど。
やっぱり経営者が理解してくれないと厳しいですよね~。
私も転職での面接の際、
「あなた一人入れば上場できますね?」とか色々な社長に言われちゃいました。
全然わかっていないな~。って気持ちでしたが、じっくり説明してしっかり納得していただかないと後で困るのは会社なんです!って感じてます。

あと、受験勉強しんどいです。
大変だな!って段々わかってきました。

それでは頑張り続けます!!!

 仰るとおり3人程度が理想ですが、なかなか経営者の理解を得るのは難しいですよね。
 私も『管理に何でそんな人数を』『監査法人に手伝ってもらえ』『経理なんて起業したころは俺が片手間にやってた仕事だ』なんて、言われて来ました。
 まー、人の話を鵜呑みにして、ハイハイとコストを掛けてしまうのも経営者としてどうかとも思いますし、やった事無いんだから理解が難しいのも分かりますが、人の話をあまり聞かないワンマンタイプ社長の不理解は悲しくなってきますね。

コメントする

2011年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

最新トラックバック

関連サイト

株式公開入門Navi
株式公開を目指す企業のために準備作業を解説・最新情報を提供


株式上場実務Navi
株式上場を目指す企業のために最新情報や上場経験談等を提供


内部統制入門Navi
内部統制/J-SOX法の概要や構築方法の解説


株式公開入門Blog
上場準備作業実務経験談・ニュースや身近な出来事を題材に公開


株式公開おすすめアイテム
株式上場に関わる書籍やソフトの紹介


IPOコンサルタントサーチ
IPO支援機関サイトに特化した検索エンジン


株式公開入門Navi~更新履歴~
株式公開入門Naviの更新履歴を記録


Movable Type更新履歴
Movable Typeの更新履歴を記録(備忘記録)


株式公開What's New
各サイトの最新更新情報


最近のコメント