TOKYO AIM J-Nomad

 プロ向け新市場TOKYO AIM (呼称: トウキョウエイム)が6月1日から取引業務を開始し、第一号はいつかと思っていたところ、先日『6社云々』という記事があり、「おっ! すごい いきなり6社もか」と。

 しかし、記事をよくみると早とちりで、記事の内容は以下の通りです。

 

TOKYO AIM、指定アドバイザーを選任    2009 年6 月11 日

株式会社TOKYO AIM 取引所 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:村木徹太郎) は本日、以下
の6社を指定アドバイザー(J-Nomad)に選任いたしましたのでお知らせいたします。


大和証券エスエムビーシー株式会社
日興シティグループ証券株式会社
野村證券株式会社
みずほインベスターズ証券株式会社
みずほ証券株式会社
三菱UFJ 証券株式会社  (50 音順)

 

で、『J-Nomad』って何だ?

 

 J-Nomadとは、TOKYO AIMが指定するコーポレート・ファイナンスに関するアドバイザーです。 J-NomadはTOKYO AIMの制度体系・運営の中核であり、市場の評価と秩序を維持する重要な機能を担います。TOKYO AIMに上場しようとする会社は、J-Nomadを確保することが制度上必須です。 J-Nomadは上場までのプロセスを統括し、上場申請会社の上場適格性を調査・確認します。上場会社は上場後も常にJ-Nomadを確保し続けることが必要であり、J-Nomadは担当する上場会社とその経営陣に対して、TOKYO AIMの規則を遵守するよう助言・指導を行います。

 

だそうです。 ※TOKYO AIMサイトより

まだまだ、第一号は先でしょうか?!?

 

さて、『株式上場実務Navi』では現在、IPOコンサルタントから伺った『上場に向けた組織体制』を公開しておりますので是非御覧下さい。

カテゴリ:

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://blog.ipo-navi.com/mt/mt-tb.cgi/654

株式公開入門 - TOKYO AIM (2010年11月 2日 10:23)

TOKYO AIMとは,既存市場との比較,J-Nomadとは 続きを読む

コメントする

2011年2月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

月別アーカイブ

2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年

最新トラックバック

関連サイト

株式公開入門Navi
株式公開を目指す企業のために準備作業を解説・最新情報を提供


株式上場実務Navi
株式上場を目指す企業のために最新情報や上場経験談等を提供


内部統制入門Navi
内部統制/J-SOX法の概要や構築方法の解説


株式公開入門Blog
上場準備作業実務経験談・ニュースや身近な出来事を題材に公開


株式公開おすすめアイテム
株式上場に関わる書籍やソフトの紹介


IPOコンサルタントサーチ
IPO支援機関サイトに特化した検索エンジン


株式公開入門Navi~更新履歴~
株式公開入門Naviの更新履歴を記録


Movable Type更新履歴
Movable Typeの更新履歴を記録(備忘記録)


株式公開What's New
各サイトの最新更新情報